« 時代小説 | トップページ | 弾まなかった秋祭り  »

2008/09/10

秋晴れ

重陽の日。去年逝った猫の一周忌。爽やかな秋晴れ。

可愛かった子の小さな骨を収めに府中の慈恵院へ

まいりました。

武蔵野の面影を残す浅間公園の近く、妙心寺派

臨済宗のお寺で、多摩犬猫霊園の付属で知られ

ています。

 塔婆、花桶に線香を携えて供養を終え、休憩所

でひと休みしました。彼岸前とあってか参詣者は

少なく、陽光注ぐ中に木々の緑だけ鮮やかに映え、

境内は静まっていました。松寿庵に手桶を返して

冷たいお茶をいただき、奥の小道に秋の草花が

乱れ咲いているのを眺めました。

 花が好きな女の子でした。

Smidoriimg_0522 Smidoriimg_0525

Smidoriimg_0520

Smidoriimg_0521 Smidoriimg_0524         慈恵院本堂   

Smidoriimg_0526

« 時代小説 | トップページ | 弾まなかった秋祭り  »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

sima様。ご無沙汰いたしました。
重陽は菊花の節句、新重陽のお節句の
愉しみが失われたのはまことに残念ですね。
 お友達のお仕事のためとあっては仕方ありません
が、またいつかは復活なさる日が来ると思います。
芸術と古き伝統には終わりがありませんから

nekozizouさん
重陽の節句、私の友人の現代美術家が個人で新重陽の節句をやっていたのですが、或る組織に勤めるようになり、時間がなくなり止めてしまいました。
残念ですが本人の生活のためには仕方が無い事。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋晴れ:

« 時代小説 | トップページ | 弾まなかった秋祭り  »