« 秋晴れ | トップページ | 試験放鳥の朱鷺 »

2008/09/16

弾まなかった秋祭り 

14、15日とお鎧様(鎧神社)の御祭礼でした。

例大祭ではないため、各町の御神酒所に

祭壇を設けて、14日に子供みこし、大人神輿が

町々を練りました。「柏睦」「蜀山睦」「巴講睦」

「市場睦」など町会ごとのお神輿が揃うことは

江戸時代からの伝統を受け継いできたこの地域

ならではのことでしょう。しかし、幹線道路沿いに

高層ビルが林立する街と化したいま、商店も氏子も

激減するばかりです。守り継ぐ人々あっての祭りは

果たしていつまで続けることができるやら……。 

Smidori Smidori_2            Smidori         Smidori_4           

      

      

       

子供みこしは元気一番でした。前触れの祭り太鼓と

みこしの先導役は商店の旦那衆、しんがりは袢纏姿の

幼児を乗せたベビーカーを押すお母さん群でしたよ。

 大人神輿は担ぎ手不足です。渡り担ぎのプロは大きい

祭りへ招集されて、このように(写真下)祭り好きの

外国人女性の姿が引き立つ有り様。

「珍しく晴れた日になったのにね、なんだか全然盛り

上がらないねぇ」「拍手する場面、来ないんだもの

 駆けつけた見物の衆はそれでも精一杯声援を飛ばし

ていました。気勢の上がらぬ御神輿、されど町の大切な

秋祭りです。元気いっぱい、お頼みします

 

« 秋晴れ | トップページ | 試験放鳥の朱鷺 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

nekozizouさん
14日は、初めて岸和田(春木)のだんじりを見ました。
ここには、まだ若い衆が頑張ってダンジリを引き回していました。
活気もかんじられましたね。
活気のある祭りはいいですね。

zuccaさん、もし疎開がなかったら、チャキチャキの
江戸っ子としてお神輿かつぐところでしたね
 この神社の祭神が大国主命、大和武尊、のちに
平将門が迎えられたという由来があり、そんな故事を
知って、村の文化、伝統などに興味を持ちました。
 いまはあの高層ビル群の谷底、町の表情も一変です。
なんて偉そうにいいますが、初詣とお祭りぐらいにしか
お参りしない氏子ですから自慢になりません

こんにちは
季節のお祭りが こうして受け継がれているのは素晴らしい事ですね。
なんとか 守り続けて行ってほしいものです。
ウチの方は新興住宅地なので、伝統あるお祭りに憧れます。
賑やかな掛け声 ワクワクします、江戸っ子の血が騒ぐってもんでぇ
私の父は 江戸っ子だったのですが・・・私は両親が居ついた疎開先で生まれ育ったので、江戸っ子になりそびれました(^^ゞ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弾まなかった秋祭り :

« 秋晴れ | トップページ | 試験放鳥の朱鷺 »