« コウノトリ奈良へ! | トップページ | 時代小説 »

2008/08/28

ベランダの花

小雨の日に藤さん宅を訪ねました。女子大学に接した閑静な街

のマンションでひとり暮らしの友です。なぜか気が合って、ただ

おしゃべりするだけなのに歓んで迎えてくれます。

和室の御仏壇にごあいさつして、リビングでくつろぎ、おもてなし

を受けながら、長時間を過ごすのはいつものことになりました。

「お電話いただいてから、かれこれ十年経ちましたねぇ」

「ほんにまあ、月日の経つのは早いこと。尼崎からここへ

来て間もなくの頃でした。お知り合いになって、毎月の会に参加

できました。東京で初めてお友達ができたのが何よりも嬉しいことでした」

 阪神淡路大震災のあとご主人を亡くされ、三十年以上も住んだ

土地から引っ越して来られました。住まいとお友達を捨てての

決心は大変でしたろう。藤さんには三人の娘さんがあり、嫁がれて

います。長女さん一家が上のフロアで、ひとりがいいという実母の

希望を容れて下のフロアを選んで上京の承諾を得たということです。

「娘は気が利かないので、あまり構おう構おうとしませんから

丁度よいの。孫たちとも程々の距離をおいています。それでね、

ちっとも淋しくなんかありませんよ」

 ご趣味は革や布の小物作り。バッグやケースなど凝った品を

頂いたことがあります。それはプロといえる出来栄えです。

「あれ、かわいい花が咲いていますね」「私はね、ちょいちょい

尼崎に帰ってましたでしょ。ずいぶん前に、庭に残ってたのをここに

持って来たんです。10月頃まで咲いてくれます」

花の途切れたときは仏壇にも上げる…とお聞きして、

ふと、尼崎のお庭の情景が目に浮かぶのでした。

Photo_2  それは”懐かしい故郷の花”。

 青茉莉花=プルンバーコ

« コウノトリ奈良へ! | トップページ | 時代小説 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

なをさん。来てくださってありがとうございます。

どういうわけか、ページ(P)で最大にしても
文字の大きさが正常になりません。ご指摘を
感謝いたします。あれこれ試して見ますね

ベランダに青茉莉花 素敵ですね。
チャーミングなお友達がいらして
羨ましいです

それにしても、書かれている文字
もう少し大きくはなりませんか?
近頃、目が疲れやすくなっていて
ちょっとツライです^_^;
(余計なお世話でごめんなさい)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベランダの花:

« コウノトリ奈良へ! | トップページ | 時代小説 »