« 牡丹散る | トップページ | コウノトリ その後 »

2008/05/10

薔薇よ

植え込みの薔薇がぐんぐん伸びて、その勢いもSmidori

野性的です。先住者の満天星(どうだん)を押し

退けるように群れ咲いて、紅の色もさまざま。

ほんのちょっと場所を借りるつもりで苗を植えた

Dさんも、こんなになるとは予想できなかった

と思います。

雨の来る前日、花のいのちの儚さを想い、Smidori_2

同じ薔薇でも中之島公園で眺めた

野茨の可憐さには及ばないなぁ、などと

自分好みに呟いたのでした。Smidori_3

Smidori_4

« 牡丹散る | トップページ | コウノトリ その後 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

なをさん。薔薇を見ていただいて嬉しいです。
やはり5月の薔薇がいいですね。
 いつも通る路地の家の庭に、花菖蒲と薔薇が
競い咲き。垣根にぎぼうし、卯の花も。晴れた日
は気持ちが明るく、軽くなります。

こんにちは♪
ご無沙汰してごめんなさい。

薔薇 一年中逢えるけれど
やっぱり5月の薔薇がイチバンですね

だけど、本当に好きなのは木香薔薇です。
(種類違うのかしらん??)

昨日までの雨と寒さがなくなってホッとしています。
これから益々お花が美しい季節(^^)v
愉しみです。

shima様 植え込みの薔薇、この場所で自分を
主張しているんですね。なるほど! 私にも
そう見えます。そっと見守ってやりましょう。
 zuccaさんが教えてくださって「ナニワイバラ」
を植物オンラインで見ましたら、中之島公園の
薔薇と同じ写真でした。「大阪の商人が中国から
移植したのが始まり・・」昔も花好き人がいたの
ですね。
shimaさん宅の薔薇園は今頃最盛期でしょう

nekozizouさん
青空にくっきりと浮ぶ真紅のバラ、
素敵な写真ですね。
このバラはこの場所で自分を主張して
いるように見えます。

zuccaさん、来てくださって嬉しい!
仰せのとおり、豪華さより可憐で慎ましい
野の花に心を惹かれます。”ナニワイバラ”
という名は自生地からでしょうか。
与謝蕪村さんの句に
 花いばら故郷の路に似たる哉
 愁ひつつ岡にのぼれば花いばら
などあり、淀川上流のあたりの風景と思えます
が、きっと白い野茨だったんでしょう。
昔々の人の哀歓が偲ばれます。

青空を背に 見事なバラだこと、良い香りでしょうね。
nekozizouさんも野茨のほうがお好きなのね、私も一重咲きのシンプルで可憐なバラの方が好きです。

PS.「ナニワイバラ」という名のバラもありますよね。


この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇よ:

« 牡丹散る | トップページ | コウノトリ その後 »