« コウノトリ その後 | トップページ | コウノトリの幼鳥ナウ »

2008/05/19

胡蝶蘭

私が頸椎症のリハビリを受けているSmidori

クリニックに毎年鉢植えの胡蝶蘭が

咲くのを楽しみにしています。

瀕死だった蘭を復活させたのは”緑の指”

の先生でした。ことしは4年目。

「なぜか、元気がなくてね、花芽が八つだけ

ついて咲くのがおそかったねぇ」

でも、手入れに応えてこんなに綺麗に

咲きました。”蘭子ちゃん”と呼んでいます。

「蘭子ちゃん、よくがんばったね

 そして、コウノトリの郷公園H.Pからの情報です。

5月14日、豊岡市出石町の伊豆人工巣塔で雛が

2羽誕生しました。JO381とJO296、放鳥のペア

の初めての子育てが始っています               

Smidori_2

      Smidori

« コウノトリ その後 | トップページ | コウノトリの幼鳥ナウ »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

なをさん、ご無沙汰しました。ごらんの通り
豊岡のコウノトリのHPに振り回されてます。
 ほんとうは写真複製はいけないみたいで、
コピーしても本家のようには拡大できません。
雛の側にあるのは卵殻ですね
梅雨入りして雨降り続きだと心配です!!

zuccaさん。胡蝶蘭は根分けした鉢の
ほうにも花芽が育って、蕾が5個ついて
おそ~くなって咲きそうです。
 放鳥のコウノトリは4カ所の人工巣塔
で雛が誕生して、園内飼育のペアの雛を
入れると、もう、誕生ラッシュ観察記録を見るだけで目が回り
ます!! 嬉しくて

こんにちは。

赤ちゃんコウノトリの横の卵って
これから孵るわけではないのですよね?
ここから生れた赤ちゃんでいいのですよね?

梅雨入りして、お父さん&お母さんコウノトリも
餌を探すの大変になるのでしょうねぇ~~
頑張って子育てしてほしいな

こんばんは。
胡蝶蘭の蘭子ちゃん、今年も美しいお花を咲かせてくれましたね
クリニック通いも少し楽しみが出来ましたね。
nekozizouさん お大事に。

コウノトリはまた新しい命が誕生したんですね、
 少しずつ個体数がふえていって 嬉しいですね。


この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胡蝶蘭:

« コウノトリ その後 | トップページ | コウノトリの幼鳥ナウ »