« 紫の実 | トップページ | 秋麗 多武峰 »

2007/10/02

馴染みの店

Smidoriimg_0141_3  大通りを渡った分かれ道にある喫茶店。おいしい珈琲を楽しみの

常連客が多く、奥のカウンターは時間によって満席になります。

わたしもそんなひとり。長年親しんだクラシックな店が改築される

ことになって「ビルになっても、元通りのカウンターにしてね」と

声を上げたことでした。

 この夏、ようやく新装成って、テーブル席は新しい配置になった

けれど、以前と同じカウンターが誕生しました。材や照明の一新で

スマート感覚ながら、元のままの居心地よさを再現しました。   

6人席の隅には花瓶にたっぷりの花が置かれています。正面の棚には

ブランドのカップ&ソーサー。指定の器で飲むこともできます。

 隣席の人との会話がはずんで、なかなか席を立てなくなるときも。

 花好きのママさんは会津若松出身の佳人、マスターとジュニアのSmidori_5

家族経営がアットホームな雰囲気を濃くしています。

      

秋麗や馴染み集える喫茶ラ・ムー

                                                

Smidori_6

« 紫の実 | トップページ | 秋麗 多武峰 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

shima様 元の雰囲気を残して古木の梁とカウンター
を再現した店です。ここのご飯は会津のお米なので
時々ランチタイムを過ごしています。珈琲好きなので
家でも飲みますが、淹れてもらって飲む味は格別美味しく感じます。(15日まで大阪でした)

nekozizouさん
写真と文で雰囲気が良い喫茶店ということが良く解ります。 このような店が無くなって行く中で貴重な場所ですね。

zuccaさん
お気遣いくださってありがとう!
いつかこの欄での、ラ・ムーのことを覚えて
いてくださったのですね。
「いま何故、白州正子なのか?」です♪
1回目は見落としましたけれど来週から
のを観ましょう。ありがとうございます。
 光文社文庫の白州正子、河合隼雄共著
『縁は異なもの』その他白州さんの本を
読んでいます。一番好きな『かくれ里』の
番組はしっかり視聴しなくちゃ! 

おはようございます。
新装なったおなじみの喫茶店、元通りの居心地良い店内になって良かったですね。
またお馴染みさんが集って、美味しい珈琲を飲みながら話が弾みますね。
新宿のとんかつやさん、木製の引き戸を開けて入ると左にカウンター席があって、奥に細長い店内 とてもよい感じのお店でした。
ここもビルに建て替えられ、モダンで落ち着かない感じの空間になってしまい、足が遠のきました。
お店の雰囲気はとても大切ですよね。
美しいお花と素敵な器たち・・・癒されますね。
おしまいの一句に拍手~~(^o^)丿

昨夜 NHK教育で放送の「知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 -白洲正子~目利きの肖像- <全4回>(1)」毎週火曜 夜10:25 ご覧になりましたか?
参考までにURLを。
アクセスする時は最初にHTTP://をつけてくださいね。
www.nhk.or.jp/shiruraku/200710/tuesday.html
1回目の再放送もあります。
2回目は かくれ里 のことを放送するようです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馴染みの店:

« 紫の実 | トップページ | 秋麗 多武峰 »