« 立秋の芙蓉 | トップページ | 『道端』 »

2006/08/13

まだ青い実

Smidori_002_12
雷鳴とどろき、雨脚強まるのをただ眺めるばかりでした。昼下がりの
夕立! この降りでは草木は潤っても鉢花たちはぐったりしてしまう
のではないかと思いました。
植え込みのザクロやモクセイはしっかり根を張っていて大丈夫。
雑居に見える花木も互いに支えあって風雨を凌ぎます。それに比べて
鉢花のほとんどは一人立ち。こんなときは軒下やポーチに避難して
倒れぬように保護されています。Mさんのところのノボタンは2m
超えるほどでがっしりした体で、ポーチ脇に置かれています。仕事
時間に走って帰らなくても大丈夫なように。Smidori_006_12

 先日、新しく出来た幹線道路へつながる路地の家の植え込みで、
コムラサキの実が付いているのを撮りました。これから少しずつ
色づいてゆくところです。マンリョウも去年の赤い実の一段上に、
ことしの実を付けて、その青い小さな粒の環は赤い母さんの実に
守られているように穏やかです。Smidori_003_11

 もう、こんなふうに秋の支度が整ってきているのですね。

« 立秋の芙蓉 | トップページ | 『道端』 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

shima様 ありがとうございます。ご近所の
2~3軒のノボタンを楽しんでいます。挿し木
で成長するそうですが、日当たりを好むので
狭い我が家には置けません。この花の色を眺め、
訪れる秋を感じて、気持ちがなごみます。

nekozizouさん
写真の紫色が非常綺麗で蛍光色のように
目に飛び込みました。
自然はもう秋の準備をしているのですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだ青い実:

« 立秋の芙蓉 | トップページ | 『道端』 »