« 『道端』 | トップページ | 江戸の名残りや »

2006/08/20

薔薇と青空

町内の某家をお訪ねしての帰りにMさんの家の前を通つて、ふと
見ると、あのシコンノボタンの花がしょげ返っていました。4時半、
道はまだ炎暑です。そっとポーチまで行き、鉢土がカラカラなのを
見過ごせなくなり、蛇口をひねりました。土曜日はお店が忙しくて
朝から手を外せないのが解っていましたから。Smidori_008_9

「元気になぁ~れ!」ドアの近くのルリマツリはけなげに咲いていま
した。そしてヒュッと一本、背を伸ばしたユリが開いて
「あんた、だれですか?」というように顔を向けていました。
この家の少しだけ開けてある窓から風が通り抜けて来ました。
 Smidori_004_9Smidori_002_13

敷地の入り口の植え込みは陽当たり抜群です。ユッカの株の間
から枝を広げているバラが咲き出しています。秋の薔薇、というの
には早い真夏日です。「日暮れにお水をあげるからね・・・」そう
言って帽子のつばを深くしながら急ぎ足になりました。
青い空に白い雲が流れて行きます。晩夏の、高い空です。 

« 『道端』 | トップページ | 江戸の名残りや »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

ロスさま、ようこそ!とても嬉しくて、
なをさんには感謝のことばもないほどです。
なにもかも急変貌の東京ですが、ありのまま
をご覧くださいませ。わたしはココログの
新入りで、未熟者ですけれど、なをさんの
優れた感性の句から素敵に生きることを学んで
います。どうぞ、御気が向いたときには
遊びにお出でください。

necozizouさまのブログがあることを
はじめて知り、おじゃまいたします。
タイムスリップでは、本当にご親切に地図まで開いて下さり有難うございました。
聖母病院は、戦災であの辺一体焼け野原に
なったのに、あそこだけは焼け残ったので
すよ。当時、在日の外人がいたらしく、
そのせいで焼夷弾をまぬかれたのでしょう。それにしても、猫地蔵のお話を伺える
とは、IT時代のおかげですね。

おせっかいが過ぎるかしら、とおもいながら、
Mさんちのノボタンに水遣りしちゃいました。
5時半ごろ、バラの根元にもバケツに汲んだ
のをバサッとかけて、もう一度ノボタンを
見に行くと、息を吹き返したように見えて
ほっとしました。Mさんにまだ逢っていません
から、だれの仕業かしらと思われてるでしょう。
zuccaさんに水やりしてよろしかったとの
コメント頂いたので、すごく安心しました。
ありがとう!

こんばんは~。
野ぼたんは乾燥に弱いので、水やりしてあげて花も大喜びだった事でしょう。
我が家の野ぼたんは今日は6つ咲いていました。それでもまだまだ蕾が沢山あって、花を楽しめそうです。
白いユリの花に ローズ色のバラ 綺麗ですね。
夕方 水やりに出られたのですか~?
最近は夏らしいお天気が続いていますから、鉢の植物は水切れが怖いですね。
nekozizouさんの様に気づいて、水やりして下さる人がいると嬉しいですねー。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇と青空:

« 『道端』 | トップページ | 江戸の名残りや »