« 剪定されて | トップページ | 六義園の紅葉 »

2005/11/26

ユッカ

_004
_001駐車場の入り口
に大きくなったユッカが2株あります。晩夏に長く咲いて楽しませてくれました(写真左)。
これでおしまいね・・・と思っていたら、ひっついている株のが今頃になって咲き始めました(写真右)。
もう師走近い寒さの中です。こころなしか勢いがありません 。smidori_006
ユッカ=リュウゼツラン科、キミガヨラン。
中南米の原産で暖地を好む花が、こんな時期に咲くなんて、やはり地球温暖化現象のせいかも
知れません。それにしても気温5度以下になる季節、車の排気ガスにもめげずに、よくよく
咲いたものよ、といじらしく思うのです。
 ご近所のその後、ガーデニング家のウキツリボク=アオイ科、学名アブチロンは咲き続けて
います。小菊やサルビアも(写真右上)。路地の家のホトトギスもまだまだというように咲いていて
裏庭には絶えずにバラが・・・。知人家の鉢植えのシコンノボタンも相変わらずです。
通りかかるたび、いい子たちに声かけ(ささやき)ながら、そろそろ年の瀬への
こころ構えをしなければねぇ。

« 剪定されて | トップページ | 六義園の紅葉 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

ちーこさん、22年前のユッカが5mもに伸びて花を
咲かせたのですね。リュウゼツランは根を張ってとても
強い植物です。剪定も難しいようです。写真のも株を
増やしてどんどん花を咲かせます。
 納屋を痛めてはいけませんから、根元から切ること
を考えましょう。写真を撮り、園芸店か造園会社へ持参
して、ベターな方法をご相談なさってください。
 私は専門家でないので、ユッカに詳しい人に聞いてみます。
そしてメールでお知らせしましょう。

22年前に植えたユッカの小木が今では高さ5mにまで成長しています。2年前の9月突然花をつけました。それからは胴体の脇から次々と小枝が生え始め、俺が私がといわんばかりに伸び続けています。しかし隣の納屋に接触し迷惑を掛けているので大枝の1本を剪定しようと思っています。切るのはいいんですが、その切り口が心配でどうにも踏み切れません。良い方法があれば教えてください。

zuccaさん、ユッカ見てくださってありがとう!
ひところは駅前広場や公園でよく見かけたの
ですが、いまは珍しいと言われます。大型で
剣みたいに先の尖った葉のリングの中から
ぎゅっと花茎伸ばして咲いてゆくのです。私の背
ではうまくアングルを掴めません(なんちゃって
下手の弁解)。アツバキミガヨランが最も美しいと「季寄せー草木花」に出ていますが、これは次席のキミガヨラン。イトランもあるそうです。

nekozizouさん、こんにちは。
ユッカ 珍しい花、初めて見ました。耐寒性のない花でもまだ咲きつづけているんですね。我が家の野ボタンもまだ咲いています。ほんとはもう家の中に取り込まないといけないのですが。温暖化の影響は多分にもあるでしょうね。まだスミレも咲いています。花を楽しめるのは嬉しいけれど、植物にはかわいそうですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユッカ:

« 剪定されて | トップページ | 六義園の紅葉 »