« エンジェルストランペット | トップページ | 路地のホトトギス »

2005/10/06

実柘榴

smidori_001
 花散りて甕太り行く石榴かな     久女
真紅の花が梅雨ごろから咲いて、緑濃い枝先に小さい紅いぼんぼりを
点したように見えて、やがて雨の中を散っていきます。雌花のお尻は
少しふくらんでいて、これが甕(カメ)。雌花だけが実になるのです。
 どうしたことかこの秋は実が少なくて、形も色もよくありませんでした。
それを悔いるのか今頃また花をたくさんつけています。たぶん雄花ばかり
で、雨に打たれては果敢なく落ちてしまうでしょう。
 ポツン ポツンと大きくなれなかった実も落ち始め、秋は深まる気配です。
smidori_002
雨の小止みに一枝もらい、焼き〆の花瓶をせめての衣裳にしてやりました。
いびつになったのは親木近くの路上に置いたからです。

« エンジェルストランペット | トップページ | 路地のホトトギス »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

nekozizouさま
嬉しいなぁ♪
同じ方のファンだなんて…
西東三鬼さんが好きって云うと、
怪訝な顔、されたりするのです。

池田澄子さまは、いかが?
大好きな方です。
去年、ある会合でご一緒になることがあり、
図々しくもご本にサインを頂きました。
とってもチャーミングなお句を詠まれます♪

そして、私もnekozizouさまのファンです(^^♪
これからも素敵なお話聞かせてくださいね!
楽しみにしています(^_^)

なをさん。
私も西東三鬼さんのファンで~す。なぜか
なをさんの句に惹かれ、なをさんファンになり
ました。そして、好みまで似ているなんて!
 三鬼さん、神戸の高台に住んで、外国人
のお友達もたくさんいたのですって。
露人ワシコフ叫びて・・・直截で強い表現、
魅力的ですね。

 nekozizouさま

素敵な器ですねぇ!
ご自身で作られたなんて感動♪
素晴らしい才能……

柘榴って不思議で、可愛い果実ですね。
少しエグイのですが、好きな西東三鬼にこんな句があります。

 露人ワシコフ叫びて石榴打ち落す  三鬼

何故か三鬼好きな私なのです。

zuccaさん こんにちは~。
♪こんなにうれしいことありませんよ。
ほんというとね、久女さんのこの句で
初めて甕っていうのを覚えました。
花のしぼんだ先が唇みたいになって
ふくらんでいくのですね。何年も眺め
て、この程度しかわかりません。
 ヘンテコな花瓶は昔の私の手びねり
を焼いてもらったもので、恥ずかしいけど
登場させました。嬉しくて有頂天です♪

こんにちは~。
nekozizouさん ざくろにお詳しいのですね。雌花のお尻にある甕が成長して実になるんですね。それにしても立派な柘榴です。柘榴は女性にはとても嬉しい果実なんですよね。
焼き〆の花瓶がとても良く合っています。花瓶 気に入りました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実柘榴:

« エンジェルストランペット | トップページ | 路地のホトトギス »