« 十五夜 | トップページ | カラタチの実 »

2005/09/20

いつもの路地で

 垣根から細~い路地へ
 こぼれて咲いている 秋海棠
 小さな シュウカイドウ
 母さんはどこなのと訊ねても
 知らん顔ね
 庭の仲間から外れて
 でも ちゃっかり自立してる
 夕暮れの風の中に・・・smidori_007

« 十五夜 | トップページ | カラタチの実 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

私もこのことを知った時は、ドキドキして、「何とかしなくては」と思い、公園の管理事務所にメールしました。返事が届き、既にこのことは承知しているとの事で、安心しました。(^^♪
以下はその抜粋です。

”何時のころか分かりませんが、ランネットワークの方々の観察、保護活動の努力もあって、マヤランが毎年6月頃から見られます。
マヤランは胞子で繁殖する植物です。
何らかの事情で胞子が飛び、植生したものと思います。他の場所でも植生しているのを確認しています。”

zuccaさん マヤランを図鑑で見ましたよ!
清楚で可憐で幻想的です。この自生種は
絶滅危惧種・・・なんですね。環境を選ばなければ生きられない花なのですね。なんとか
確かな保護の方策を講じなければ!
初めて出会えたマヤランです。ありがとう!

こんにちは~。
私 シュウカイドウの花好きです。
シュウカイドウの花を初めて見たのは、埼玉の「新しき村」でした。武者小路実篤が作ったこの村では、ここで採れたお米や農作物・卵などなどを買うことが出来るので、近くに行ったついでに寄って買って来たたことがありました。その駐車場の脇に沢山のシュウカイドウが咲いていて綺麗でした。花が小さいので、緑の葉によく映えますね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつもの路地で:

« 十五夜 | トップページ | カラタチの実 »