« 待宵 | トップページ | いつもの路地で »

2005/09/19

十五夜

smidori_002
連休の日曜日は車の騒音がハタと止んで、地域全体が静かな闇
に包まれます。まるで昔に還ったように・・・。ふいにはしゃいだ笑い声
が聞こえて、声の主はお父さんに肩車してもらった男の子でした。
 お月見の散歩に出た家族のうしろ姿は街灯に照らされて、やがて
遠ざかっていきました。
 ほんのり、明るんだ空にまんまるお月様。都心の夜空も空気が
澄んでいると美しいのですね。下手なデジカメ、笑わないでください!smidori_003
 北京の釣魚台国賓館での中秋節前夜をちなんで、有名な漢詩を。
    静夜思              李白
   牀前看月光
   疑是地上霜
   挙頭望山月
   低頭思故郷        
                      井伏鱒二 訳
   ネマノウチカラフト気ガツケバ
   霜カトオモフイイ月アカリ
   ノキバノ月ヲミルニツケ
   ザイショノコトガ気ニカカル                      

                                      

« 待宵 | トップページ | いつもの路地で »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

nekozizouさん
緑の葉と満月の取り合わせ。
こういう構図は非常にユニークで好きですね。

こんばんは。
素晴しい漢詩を教えて頂いて、感動しています。
十五夜に李白をお思いになるなんて、凄い!
紫式部も、漢詩を嗜んだそうです。
式部の再来♪ ですねぇ。

デジカメ、少なくとも私よりはお上手です。
(あんまり嬉しくない褒め言葉でしょうが)
私のお月様の写真は、あまりにもひどいので、消去してしまいましたもの。

zuccaさん 月夜の静けさを褒めてくださって
ありがとう! 来年はも少しよい月が撮れる
ように練習しますね。
 あの詩、私の好きな五言絶句、気に入って
もらって、もうシアワセで~す!

こんばんは~。
十五夜の街角の光景が、目に浮かんでくるような素敵な描写です。
まん丸お月様 綺麗でしたね~。写真はともかく(失礼)(^^ゞ 東京も良いお月見が出来ましたね。
北京のほうからも「合意」のニュース、一安心です。
李白の詩、井伏鱒二の訳、それぞれ素晴らしいですね。こんな素敵な漢詩を読みながらしみじみお月様を眺めてみたいものです。素晴らしい詩の紹介 有難う。(^o^)丿

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜:

« 待宵 | トップページ | いつもの路地で »