« コウノトリ 飛ぶ | トップページ | 実柘榴 »

2005/09/30

エンジェルストランペット

以前、福井市の竹人形師の工房にお邪魔したことがあります。
ちょうど今頃。お茶をいただきながら、庭を明るく染めて咲いている
百合のような花を見ました。「東南アジアに竹を探しに行ったとき
持ち帰ったんです。エンジェルトランペットという。日本名は
朝鮮朝顔ともいいますね」
 挿し木で簡単に増えるからと勧められて、旅の中途なのにひと鉢
貰ってしまいました。それは半年もしないうちにダメにしてしまい、
後悔していますが・・・忘れられない思い出なのです。
 今朝、さわやかに晴れた町の一角に、ゆさゆさ揺れている大木の
花を見つけました。まぁ、なんと豪華なんだろうと、傍に寄ってつくづく
眺めていたら、門扉が開いてこの庭の主人が出て来られました。
「見事な花盛りを拝見しています」と会釈すると、ご機嫌顔で話して
くださった。「これはね、もう10年になるよ、親の木でね。隣りのも
3年、ほらこの鉢植えも孫たちですよ。エンゼルストランペットは
年に5回咲きます。元気なんだねぇ。来春咲くから持って行きなさい」
そういって中庭から若木の鉢をくださった。話好きの笑顔に会っては
とてもお断りできなくて、お礼を言って自転車に乗せてしまいました。
(これ、二度目の幸運。でもまたダメにしちゃうかもしれない)
 私は緑の指を持っていないことを残念に思います。
トランペットは赤花と黄花があり、黄花のほうが香りがいい・・・とも
教えられたのに、だれかに助けを求めねばなりません。smidori_004
smidori_005
  

« コウノトリ 飛ぶ | トップページ | 実柘榴 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

 nekozizouさま

エンジェルストランペットっていう名前、初めて知りました。
ただ、朝鮮朝顔と思っていました。
ひとつお勉強(^.^) ありがとうございます。

緑の指、私も持っていません。
だからお花は苦手です。
私の回りは、お水をやり忘れても強く生きてくれる観葉植物ばっかり・・・
上手にお花を咲かせている方をひたすら尊敬しちゃいます。
薄緑でいいから、そんな指が欲しかったなぁ!

nekozizouさん、ご存知でしたか?

エンジェルストランペットを調べていたら”江戸時代の蘭学医・華岡清洲は1804(文化1)年10月13日、この植物からとった麻酔薬で、乳癌(がん)の摘出手術を行った。”という記事がありましたので、お知らせしたくて、書き込みました。

nekozizouさんのとこのエンジェルストランペット・・・誰かもらってくれる人が見つかると良いですね。

nekozizouさん
この花、初めて見ました。
ヨーロッパでの記憶の片隅に、エンジェルがこんな形のトランペットを吹いている図柄を見た事があるような。

zuccaさん。
キダチチョウセンアサガオっていうのですね。
「花おりおり」に出ていました。知りあいの
”緑の指”さんに委託をお願いしたら、大きく
なるし、あまり好きじゃないからって断られ
ました。お日様と水があればいいそうですけど
うちみたいな集合住宅ではムリかと思います。

面白いお話ですね。
nekozizouさんとエンジェルストランペット、不思議なご縁ですね。2回も鉢をいただくなんてよほど縁が深いのですよ。
いただいたおうちがお近くでしたら、わからない事を教えていただくと良いですよ。喜んで教えてくださる事でしょう。私は山野草のことなら少しは分かるかもしれませんが、エンジェルストランペットはもっぱら見て楽しむほうで、手入れの仕方など全く分かりません。お力になれなくて残念。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンジェルストランペット:

« コウノトリ 飛ぶ | トップページ | 実柘榴 »